不妊治療費の助成

[更新日:2016年05月27日]

 黒部市では、子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず子どもに恵まれず不妊治療を受けているご夫婦に対し、その経済的負担の軽減を図るため、治療費の助成を行っています。また、平成28年4月より、男性不妊治療を受けておられるご夫婦についても治療費の助成を行っています。

対象となるご夫婦

○市内に1年以上居住していること(勤務等の事由でご夫婦が同一の世帯にない場合は、妻がこの要件を満たしていること)

富山県不妊治療費助成事業実施要綱に指定する医療機関において、不妊治療を受けていること

○配偶者以外から精子または卵子の提供を受けないこと

助成する金額

夫婦一組に対して年度1)額30万円を限度に助成します。1回の助成金額は自己負担金額から富山県の助成金と、保険者もしくは共済組合の規定による給付金を差し引いた額です。(限度額に達するまで申請可能です)

治療費は、医療機関の窓口で全額をいったん支払っていただくことになります。その際の領収書は、申請時に必要となりますので、必ず保管しておいてください。

申請後、書類審査の上、申請された方の口座に助成金が振り込まれます。

  1) 年度とは、毎年4月1日〜3月31日の期間をいいます。 

申請手続き

申請に必要な書類を、黒部市保健センターに提出してください。なお、申請は治療が終了した日から1年以内に行ってください。それ以降は受け付けません。

申請に必要な書類

・申請書  ・指定医療機関の領収書 ・黒部市長宛の請求書  ・医療保険各法に定める被保険者証(保険者、共済組合から給付金を受けた方のみ)  ・戸籍抄本(夫婦が同一世帯にない場合のみ)

申請に必要な書類は、指定医療機関・黒部市保健センターでお渡ししています。
「申請書」「黒部市長宛の請求書」はホームページよりダウンロードできます

助成を希望される皆さまへ

申請書  

請求書

女性の健康と不妊についての相談

女性健康相談センター・不妊専門相談センター(県の専門相談機関)→こちら
女性の健康や不妊に関することで迷ったり、悩んだり、疲れたりしている時に、専門の相談員が相談にのります。
* 思春期や更年期の悩み
* 不妊治療を受けようか迷っている
* 検査や治療法について知りたい
* 男性不妊について知りたい
* 治療が続き、心身ともに疲れた・・・
* 不育症ってなに?   
など
※富山県民共生センター「サンフォルテ」で開設しています。

 

 

お問い合わせ

健康増進課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2411   FAX:0765-54-2519
Email:hoken@city.kurobe.toyama.jp