児童扶養手当

[更新日:2016年05月20日]

児童扶養手当 

1)児童扶養手当とは
父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない子どもを養育する家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として、子どもを養育するひとり親家庭に手当を支給する制度です。

2)児童扶養手当を受けることができる方
児童扶養手当は、以下のいずれかの要件に該当する児童(18歳に達する日以後、最初の3月31日まで)を監護している母、その児童
を監護しておりかつ生計同一である父、または父や母に代わって児童を監護している養育者が受けることができます。
なお、児童が心身におおむね中度以上の障害のある場合は、20歳未満まで手当が受けられます。
 【支給要件】
@父母が婚姻を解消した児童
A父又は母が死亡した児童
B父又は母が重度の障害の状態にある児童
C父又は母の生死が明らかでない児童
D父又は母に引き続き1年以上遺棄されている児童
E父又は母が引き続き1年以上拘禁されている児童
F母が婚姻によらないで懐胎した児童
G父母ともに不明である児童
H父又は母がDV防止法に基づく保護命令を受けた児童(H24.8.1〜)
 ※いずれの場合も国籍は問いません。

3)手当額について
請求者本人およびその生計を同じくする扶養義務者等の前年の所得により、その年度(8月から翌年の7月まで)の手当の一部または全部が停止になります。
 ・全部支給 月額42,290円
 ・一部支給 月額42,280円〜9,990円
 ・児童が2人の場合は、上記金額に9,990〜5,000円の加算、3人以降はさらに5,990円〜3,000円ずつ加算。

※平成29年4月分から

4)支払日
支払日は4月、8月、12月の年3回。
12〜3月分…4月11日、4〜7月分…8月11日、8〜11月分…12月11日。(土・日・祝日と重なる場合は繰り上げて支払う。)

5)申請手続
申請事由により必要書類が異なります。こども支援課にお問い合わせください。

 平成26年12月1日から、児童扶養手当法の一部が改正されました

 これまで、公的年金(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。

 児童扶養手当を受給するためには、お住まいの市区町村への申請が必要となります。

 今回の法改正により新たに手当を受け取ることができる場合とは・・・ 

 ・お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合。 

 ・父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合。  

 ・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合・・・・・などが考えられます。 

※受給している年金額が児童扶養手当額より低いかどうかは、こども支援課にご相談ください。

 

新たに受給するための手続き

 児童扶養手当を受給するためには申請が必要です。申請には、申請時に記入してもらう認定請求書のほか、戸籍謄本など支給要件に該当する事実がわかる書類などが必要になります。該当する支給要件によって必要な書類が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

 さらに詳しい説明は・・・ → 「児童扶養手当法の改正Q&A(公的年金等と合わせて受給する場合)」(PDF:150KB)




関連のリンク

富山県児童扶養手当情報

児童扶養手当のしおり

 

 

お問い合わせ

こども支援課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2577   FAX:0765-54-4115
Email:kodomoshien@city.kurobe.toyama.jp