水洗便所改造資金融資あっせん・利子補給制度

[更新日:2013年04月22日]

下水道接続を促進するため、くみ取り便所等を水洗便所等に改造しようとする方に対し、改造するために要する資金の融資あっせん・利子補給制度を実施しています。この制度を利用しますと、支払利子額のうち、利率の2%相当額を市が負担しますので是非ご活用ください。

対象となる工事

 @し尿を公共下水道及び農業集落排水処理施設に直接排除できるようにするため、既存のくみ取り便所を水洗便所に改造するための工事
 A既存のし尿浄化槽を廃止して、直接排除できるようにする工事
 B上記@、Aの場合で、同時に雑排水を下水道等に直接排除できるようにする工事

融資の条件

融資あっせん限度額

  改造工事1件につき、150万円以内

融資期間

  5年以内。融資金の償還は、取扱金融機関の定める方法によるものとします。
  ただし、償還期日前においても繰上償還をすることができます。

貸付利率

  金融機関の定める利率とします。

 対象となる方

 (1)改造工事を行った家屋の所有者または改造工事について所有者の同意のある家屋の使用者
 (2)自己資金のみでは改造資金を一時に負担することが困難な方
 (3)市税及び下水道事業受益者負担金等を滞納していない方
 (4)融資を受けた改造資金の償還について十分な能力を有する方

※法人等が所有する施設に係る改造工事については、融資あっせんの対象外です。

利子補給

利子補給額

  改造資金の融資を受けた方が取扱金融機関に支払った利子額のうち、利率2%相当額を上限として補助します。

利子補給の期間

  5年を限度とします。

申請方法・申請様式

  詳しくは、上下水道部経営課までお問い合わせください。

お問い合わせ

上下水道経営課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2666   FAX:0765-54-3009
Email:keiei@city.kurobe.toyama.jp