すくすくスケジュール 〜妊娠から出産、育児まで〜

[更新日:2016年04月06日]

妊娠したら 

 妊娠の届出

妊娠していることがわかったら、早めに「妊娠届出書」を保健センターにご提出ください。母子健康手帳、妊婦健康診査受診票等を交付いたします。
また、平成28年1月からのマイナンバー制度の運用に伴い、妊娠届出書に個人番号の記入が必要となりました。詳しくはこちら
やむを得ない事情により代理の方が届け出る場合は、下記のものすべてが必要です。

  • 委任状
  • 妊婦本人の個人番号カード又は個人番号通知カード
  • 代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)

母子健康手帳

お母さんとお子さんの健康等を記録をする手帳です。妊娠中の経過からお子さんの出生の状況、健康診断、予防接種の公的記録として、また、育児の覚え書き等に利用する大切な手帳です。

妊婦一般健康診査受診票

母子健康手帳と同時に交付します。その受診票(14枚)を使って、妊婦一般健康診査を受けることになります。
里帰りなどで県外で受診する場合は、受診票は使用できません。全額自費で支払った後、妊婦健康診査費用分を口座へ振込します。事前にお問い合わせください。
なお、他市町村へ転出されると、受診票は使用できません。転出先の市町村で新たに交付を受けてください。

妊婦精密健康診査受診申請書

妊婦一般健康診査受診票と同時に交付します。妊婦一般健康診査で異常があった場合など、精密健康診査が必要であると医師が認めた方のみ使用します。病院から指示がありましたら、申請書を保健センターへ提出してください。妊婦精密健康診査受診票をお渡しします。

産婦一般健康診査受診申請書

妊婦一般健康診査受診票と同時に交付します。分娩時に異常があった場合などに病院から指示がありましたら、申請書を保健センターへ提出してください。産婦一般健康診査受診票をお渡しします。

★他市町村から転入された方は、母子健康手帳とお手元にある未使用の妊婦一般健康診査受診票を持って保健センターまでお越しください。残っている分の妊婦一般健康診査受診票は、黒部市の受診票と交換いたします。(前住所地の受診票は使えませんので、ご注意ください。) 母子健康手帳はそのままお使いいただけます。

妊婦歯科健康診査

出産をむかえるために 

妊婦一般健康診査

母体の健康を保ち丈夫な子を産むため、また流産・早産・妊娠高血圧症候群などの防止や早期発見のため、母子健康手帳・妊婦一般健康診査受診票を持ってかかりつけの産婦人科で健康診査を受けてください。

母子保健推進員

各地区の母子保健推進員が、みなさんと市保健師とのパイプ役として活動しています。子育てについての悩みや不安など、どんなことでも遠慮なくご相談ください。母子健康手帳交付時にお住まいの地区の母子保健推進員をご紹介しています。

赤ちゃんのために 

出生届

赤ちゃんが生まれたら、14日以内に市民環境課または市民サービス課(宇奈月市民サービスセンター)に出生届を提出してください。

低体重児出生届

体重が2500g未満で生まれた赤ちゃんは、低体重児の届出をすることになっています(母子保健法第18条)。保健センターへ届け出してください。
出生連絡票(低体重児出生届)はこちら

新生児訪問

赤ちゃんが生まれたら、生後7日以内に「出生連絡票」(母子健康手帳と一緒にお渡ししています)を、出産後に赤ちゃんと一緒に帰省する所轄の市町村に提出してください(住民票は関係ありません)。生後28日以内の赤ちゃんとママを保健師または助産師が家庭訪問し、赤ちゃんの発育、健康状態を観察し、育児や産後の生活面でのアドバイスを行います。

乳幼児健康診査

生後の経過に応じて、乳幼児健診を行っています。健診時には母子健康手帳を持ってお越しください。また、詳しい日時は「保健カレンダー」をご覧ください。

各種教室 

育児教室や離乳食指導などを行っています。内容・日時は「広報くろべ」、「保健カレンダー」をご覧ください。詳しくは保健センターまでお尋ねください。

こどもの予防接種 

予防接種を受ける時期 

こどもをさまざまな病気から守るため、予防接種は決められた時期・間隔で健康なときに受けることが大切です。乳幼児期に受ける予防接種については、生後2か月に接種券・予診票を一括してお送りします。接種する際は、保護者の同意が必要ですので、必ず保護者が同伴してください。 
予防接種の種類、接種時期などは「保健カレンダー」で確認ください。

他市町村から転入された方へ

7歳6カ月未満のお子さんで、まだ受けていない予防接種がある方は、母子健康手帳をご持参のうえ、保健センターまでお越しください。すでに受けられた予防接種を確認し、まだ受けていない予防接種の予診票を発行いたします。

不妊治療費の助成 

指定医療機関で体外受精、または顕微授精を受けているご夫婦に対し、治療費の助成を行います。 詳しくは→こちら

関連のリンク

すこやかな妊娠と出産のために(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ

健康増進課(保健センター)
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2411   FAX:0765-54-2519
Email:hoken@city.kurobe.toyama.jp