自殺対策

[更新日:2017年09月06日]

今、わたしにできること

 食事の量が減った、眠れていないようだ(普段より疲れた顔をしている)、ため息が目立つようになった、口数が減った・・・
あなたの周りの人が「いつもと違う」とき、まずは声をかけることから始めませんか?
 悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人のことをゲートキーパーといいます。

 自殺を防ぐために自殺のサインに気づくことが大切です  
   自殺につながるサイン「自殺予防の十か条」      
 ・うつ病の症状に気をつけよう
 (気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断ができない、不眠が続く)
 ・原因不明の身体の不調が長引く
 ・酒量が増す
 ・安全や健康が保てない
 ・仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う
 ・職場や家庭でサポートが得られない
 ・本人にとって価値のあるもの(職、地位、家族、財産)を失う
 ・重症の身体の病気にかかる
 ・自殺を口にする
 ・自殺未遂におよぶ

 ◆気づいたら声をかけ、耳を傾けてみましょう    
 本人の気持ちを尊重し、責めたり否定することは避けましょう   
 ・本人を責めたり、安易に励ます必要はありません
 ・相手の考えを否定せずゆっくり話を聴きましょう
 ・心配していることを伝えましょう
 ・悩みを真剣な態度で受け止めましょう
 ・話を聞いたら、「話してくれてありがとう」や「大変でしたね」と、ねぎらいの気持ちを言葉にして伝えましょう

 ◆早めに専門家に相談するよう促しましょう     
 専門家や専門機関等必要な支援へつなぎましょう 
 ・うつの症状は治療でよくなることを伝えてください
 ・充分に話を聴いた上で、他の選択肢について話題にしましょう
 ・自殺の危機が迫っている時は専門家に受診・相談を勧めましょう
 ・
もし、あなた自身が悩んでいたら・・・一人で悩むより、まず相談を 

   心の健康についての不安や悩みに関する相談
     富山県心の健康センター 076-428-1511 平日:8時30分〜17時15
     新川厚生センター 0765-52-2647  平日:8時30分〜17時15
        心の健康相談【要予約】 毎月第1月曜日(午後)及び必要時調整(精神科医による相談)
         ひきこもり等家族相談会 毎月第1水曜日1415時30分(精神保健福祉士)
  

                                                       




関連のリンク

厚生労働省自殺予防対策

ゲートキーパーとは

お問い合わせ

健康増進課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2411   FAX:0765-54-2519
Email:hoken@city.kurobe.toyama.jp