検察審査会

[更新日:2012年03月23日]

検察審査会とは

 検察審査会とは、有権者の中から無作為に選ばれた11人で構成され、検察庁が不起訴にした刑事事件について、その判断が妥当であったかどうか民間人が審査して意見を提出する制度です。
 たとえば、交通事故や詐欺などで犯人が警察に逮捕された場合、事件を裁判にかけるかどうかの判断をするのは、検察官の仕事です。この検察官の判断が正しく行われなければ、犯人は処罰を免れ、被害者は泣き寝入りということにもなりかねません。そこで、このようなことのないように、裁判にかけなかった検察官の処分が正しいかどうかを、国民の中から選ばれた11人の検察審査員が国民の代表として審査します。
 検察審査会は、このように検察官の仕事が正しく行われているかどうかの判断をすることを、主な仕事としています。

検察審査員の候補者の選定

  検察審査員の候補者は、市町村の選挙人名簿の中から、選挙管理委員会が行うくじによって選ばれます。したがって、20歳以上の有権者の方であれば、どなたも選ばれる可能性があります。
 黒部市の場合を例に挙げますと、魚津検察審査会の検察審査員と補充員を選定するために、毎年、第1群から第4群まで各100人、計400人の検察審査員の候補者を、管轄区域内である魚津市、黒部市、入善町、朝日町の2市2町の選挙人名簿からそれぞれの有権者数に応じて選出します。
 ※黒部市では毎年約130名の候補者を選びます。

 検察審査員の仕事は、一般的な常識によって判断していただくもので、法律などの専門的な知識は特に必要ありませんし、男女・年齢を問わず、どなたにでもできる仕事です。
 もし、選ばれた場合には、ご協力をお願いします。

 くわしくは、最寄りの検察審査会にお問い合わせください。
 魚津検察審査会:
魚津市本町一丁目10番60号富山地方裁判所魚津支部内
 電話(0765)22−0160




関連のリンク

裁判所ホームページ

お問い合わせ

選挙管理委員会
住所:〒938-8555 富山県黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2111   FAX:0765-54-4461