屋外広告物

[更新日:2014年10月23日]

富山県では、良好な景観の形成、風致の維持、そして公衆への危害防止のため、富山県屋外広告物条例を定めて規制を行っています。屋外広告物を表示する際には、さまざまなルールがあります。
黒部市においては、県の条例が適用され、市の許可が必要です。

広告物を表示できない地域があります。【禁止地域】

一般広告物は、許可できません。自家用広告物は、基準内で表示できます。

● 都市計画法上の用途地域のうち、住居専用地域
● 景観地区・風致地区
● 風致保安林の地域
● 都市公園
● 公共建造物(学校、図書館等)のある敷地
● 自然環境保全地域
● 高速道路の境界から両側500m以内(本線車道から自然地形により展望できない区域は除く)
● 県道黒部宇奈月線の境界から両側100m以内(一部区間) など
● 新幹線の境界から両側500m以内(本線鉄道から自然地形により展望できない区域は除く)

 

広告物を表示できない物件があります。【禁止物件】

禁止物件には、広告物を設置できません。

● 交通信号機  ● 道路標識  ● 街路樹
● ガードレール  ● 分離帯  ● 消火栓
● 橋  ● トンネル  ● 電話ボックス  ● 郵便ポスト

● 電柱・街路柱 (はり紙・はり札・広告旗・立看板のみ禁止) など

★ 道路上の電柱等に表示する場合は、別に各道路管理者へ「道路占用許可申請」の手続きをして下さい。

広告物の表示には、原則許可が必要です。【許可地域】

禁止地域以外の全域が許可地域に該当します。
ただし、自己の店舗や営業所の表示で、基準を超えないものについては、許可が不要なものもあります。

自分の店に広告物を出したいが、許可は必要ですか?

自家用広告物として、申請が必要です。基準を超える広告物は、表示できません。
表示面積によっては、許可なく表示することもできます。

★ 高さ4m以上の広告塔は、別に「建築確認申請(工作物)」の手続きをして下さい。

設置したあとは?

管理者を決めて屋外広告物が汚れたり変色していないか、また倒壊や落下の危険がないか、定期的に点検して下さい。
許可を受けた屋外広告物を変更する場合には、「変更許可申請」の手続きをして下さい。
許可期間が満了となり、継続して屋外広告物を表示しておく場合には、「更新許可申請」の手続きをして下さい。

電柱にひもで結んである広告看板

禁止物件に表示してあるものであり、許可されていないものもあります。
設置者がわかる違反広告物については、改善または撤去するよう連絡いたします。
また、県条例に基づき、はり紙・はり札・広告旗・立看板については、市でも撤去しております。

 

屋外広告物申請様式
http://www.city.kurobe.toyama.jp/download/svDLList.aspx?ctgcd=1




資料

県屋外広告物条例のしおり




関連のリンク

富山県屋外広告物

禁止区域の指定について

お問い合わせ

都市計画課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2647  
Email:toshikeikaku@city.kurobe.toyama.jp