土地や家屋の所有者が亡くなった場合は、誰に固定資産税がかかるのですか?

[更新日:2015年04月01日]

 所有者として登記(登録)されている人が賦課期日(1月1日)前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。 このような場合、相続登記されるまでの間の仮の名義人となる方(代表者)を相続人の中から指定し、相続人代表者指定(変更)届を提出していただく必要があります。 これにより、平成27年度は、代表者に固定資産税がかかることとなります。届出がない場合、市の方で相続人代表者を指定させていただくことがあります。

相続人代表者指定(変更)届はこちら

お問い合わせ

税務課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2117   FAX:0765-54-5090
Email:zeimu@city.kurobe.toyama.jp