住所を証明する戸籍附票の写しとは?

[更新日:2012年07月13日]

住民票と戸籍附票の違いについて

 住民票は同一市内での住所の履歴しか分かりませんが、戸籍附票は住んでいる市町村が変わっても、そのまま本籍地で記載され続けるため、異なる市町村間の住所の履歴も分かります。

取得できる場所

 戸籍附票(こせきふひょう)の写しは本籍地の市町村で取得できます。
 住民票は現在の住所地の市町村で取得します。

その他の注意点

 黒部市の戸籍は平成16年12月18日に電算化し改製(作り直し)となりました。そのため戸籍附票の住所は、平成16年12月18日時点の住所が最初に記載されています。
 平成16年12月18日以前に転居された住所を証明する必要がある場合は、「平成改製原附票の写し」をとる必要があります。

 

請求方法は次のページをご覧ください

 「証明書(戸籍・住民票関係) の交付を受けるには

 

請求用紙は下をクリックして印刷してください(PDFファイルです)

 郵送で請求するとき→住民票の写し(1ページ目)・戸籍(2ページ目)(郵送請求用)
 直接窓口で請求するとき→住民票・戸籍請求書 

関連ページ一覧(クリックすると新しく開きます)

謄本と抄本の違いは? 証明書(戸籍・住民票関係) の交付を受けるにはとやま広域窓口サービス、◎印鑑登録証明書の交付を受けるには印鑑登録の方法転居届(黒部市内で引越しするとき)転出届(市外へ引越しするとき)転入届海外へ転出・海外から転入(帰国) するとき必要な届出婚姻届出生届死亡届離婚届黒部市の人口の推移 電子証明書の交付を受けるには(公的個人認証) 住民基本台帳カードの交付を受けるには

お問い合わせ

市民環境課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2501   FAX:0765-54-9144
Email:shiminkankyou@city.kurobe.toyama.jp