平成28年度黒部市歴史民俗資料館 冬の企画展「新川の火の祭り」展紹介 No.3

[更新日:2017年02月17日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成28年12月2日〜平成29年2月26日
休館日:月曜日(祝日の場合火曜日)、祝日の翌日
開催場所: うなづき友学館

墓ノ木松明祭

 入善町墓ノ木に伝わる松明祭りです。祭りは毎年10月の第2土曜日に墓ノ木神明社から黒部川堤防近の水神社まで約800mを村人が大松明2基を担ぎ練り歩きます。
 祭りの準備は松明作りから始まります。大松明は保管している枯れた大小の竹を40本ほど束ね直径50cmの芯を作り、松明の先から藁束を順に巻き付けます。下地ができると2回目の藁が先端より約1.2m下方から巻かれ、さらに3回、4回と巻いて行き、基部は先端より太く巻きます。このようにして高さ約4.2m、最大直径1.2mの大松明2基を作ります。併せて小松明も同時に作ります。
 祭りの当日は午後7時に大松明そばの藁束に点火され、火は小松明と大松明に燃え移り、大松明は人々により起こされます。そして大松明は水神社までの約800mの道を前6人、後ろ6人で担ぎ、進んでは休みを繰り返して、約2時間かけ進みます。 太鼓を打ち、笛の音に合わせて大松明は水田の中を進みます。大松明を担ぎ練って行く様子は、勇壮です。
 祭りは入善町の無形民俗文化財に昭和52年4月1日指定され、墓ノ木松明祭保存会により行われています。なお、墓ノ木松明祭は入善町指定文化財の「墓ノ木タイマツ祭り」のことです。

墓ノ木タイマツ祭り10-100.jpg  墓ノ木タイマツ祭り33-100.jpg

墓ノ木タイマツ祭り29-100.jpg  墓ノ木タイマツ祭り48-100.jpg

墓ノ木タイマツ祭り54-100.jpg

☆歴史民俗資料館の展示のご案内はこちらです ⇒ 歴史民俗資料館 展示のご案内
☆うなづき友学館のページはこちらからです ⇒ http://www.city.kurobe.toyama.jp/contents/yuugakukan/

 

お問い合わせ

うなづき友学館
住所:〒938-0861 富山県黒部市宇奈月町下立682番地   TEL:0765-65-1010    FAX:0765-65-1010
Email:yuugakkan@city.kurobe.toyama.jp