平成28年度黒部市歴史民俗資料館 冬の企画展「新川の火の祭り」展紹介 No.2

[更新日:2017年01月24日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成28年12月2日〜平成29年2月26日
休館日:月曜日(祝日の場合火曜日)、祝日の翌日
開催場所: うなづき友学館

愛本新用水天満宮松明祭

 黒部市宇奈月町愛本新に伝わる松明祭りです。祭りは毎年10月5日に愛本新の水田から天満宮まで市道約600mを青壮年30数名が大松明2基を担ぎ練り歩きます。
 祭りの準備は松明作りから始まります。直径約10cmの生の孟宗竹と今年取れた藁を用意し、竹は4mの長さに切り、それを専用の竹割機で8分割し、これを縄で編み外枠を作ります。松明の中に藁、青竹の枝、爆竹を入れて巻き硬く締め、直径は約1m、高さ約4mの大松明を2基作ります。併せてガンネンが境内で担ぐ中松明1基と、子ども用に小松明を作ります。
 祭りの当日は午後7時になると高さ約4mの大松明は用水により新たに開かれた水田のなかを笛太鼓に導かれ天満宮まで進みます。こまざらいと竹箒を持った2人のガンネンに先導されて、大松明1基に12人がヘルメットに法被姿で「ハァ、ドッコイ、ドッコイ」と威勢よく肩に担ぎ、約600m先にある天満宮までの道をジグザグに進んでは休み、進んでは休みを繰り返して進みます。
 祭りは黒部市の無形民俗文化財に昭和56年1月10日指定され、愛本新用水松明祭保存会により行われています。

6-愛本新用水天満宮松明祭り004-100.jpg  9愛本新用水天満宮松明祭り028-100.jpg

8-愛本新用水天満宮松明祭り021-100.jpg  10愛本新用水天満宮松明祭2152-100.JPG

11愛本新用水天満宮松明祭り033-100.jpg

☆歴史民俗資料館の展示のご案内はこちらです ⇒ 歴史民俗資料館 展示のご案内
☆うなづき友学館のページはこちらからです ⇒ http://www.city.kurobe.toyama.jp/contents/yuugakukan/

 

お問い合わせ

うなづき友学館
住所:〒938-0861 富山県黒部市宇奈月町下立682番地   TEL:0765-65-1010    FAX:0765-65-1010
Email:yuugakkan@city.kurobe.toyama.jp