平成28年度黒部市歴史民俗資料館「春の企画展」の展示品紹介 No.1

[更新日:2016年06月06日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成28年5月13日〜平成28年7月31日
休館日:月曜日(祝日の場合火曜日)、祝日の翌日
開催時間: 9:00〜18:00
開催場所: うなづき友学館
費 用: 大人300円(団体20名以上240円)中学生以下無料

平成28513日より731日まで展示している「昭和のチラシに見る三日市の賑わい」展資料を紹介します。

「三日市」について

 ここに紹介する三日市は富山県の東部に位置する黒部市三日市である。黒部市は昭和29年に桜井町と生地町が合併して誕生したの市で、当時の人口は32,597人である。その桜井町の中心市街地であったのが三日市であり、その後も黒部市の中心商店街として発達をした。現在の黒部市は平成18年に宇奈月町と旧黒部市が合併して誕生した新しい黒部市である。

 このグラフは、大正
9年から平成27年に至る三日市の5年ごとの人口の推移を表したものである。昭和10年から同15年にかけて人口が減り、同22年に急に増加している。これは戦争が終わった為に人口が増加したのである。その後は同50年に最大の人口を有しその後は少しづつ減少を続けている。旧黒部市に対する三日市の人口比率も同40年から同50年までは19%台であるが、その後は減り続け、平成27年は14%台となっている。これは大正9年と同じ比率である。昭和40年から平成の初期までが、三日市の町が人で賑わっていた。今回の企画展はこの一番華やかな頃の三日市を紹介するものである。

無題.png

くろべ祭りのポスター

 展示資料は昭和30年代から60年代の三日市で行われた、くろべ祭りのポスターやチラシ、関連事業などである。
くろべ祭りは昭和
3810月に第1回くろべ祭り町流しが行われ、以後昭和63年まで26回開催された。

 DSC_8713-02.jpg   
昭和47年(1972年)

 DSF_4315-10.JPG
昭和49年(1974年)

DSF_4262-10.JPG   
昭和51年(1976年)

DSC_8715-03.jpg
  昭和55年(1980年)

DSC_8717-10.jpg     
昭和58年(1983年)

DSC_8700-04.jpg
展示の様子@

DSC_8743-10.jpg
展示の様子A

☆歴史民俗資料館の展示のご案内はこちらです ⇒ 歴史民俗資料館 展示のご案内
☆うなづき友学館のページはこちらからです ⇒ http://www.city.kurobe.toyama.jp/contents/yuugakukan/

お問い合わせ

うなづき友学館
住所:〒938-0861 富山県黒部市宇奈月町下立682番地   TEL:0765-65-1010   FAX:0765-65-1010
Email:yuugakkan@city.kurobe.toyama.jp