歴史民俗資料館 第11回特別展「黒部峡谷探検」展示品紹介 No.1

[更新日:2015年08月05日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成27年7月31日〜平成27年11月8日
休館日:月曜日(祝日の場合火曜日)、祝日の翌日
開催時間: 9:00〜18:00
開催場所: うなづき友学館
費 用: 大人300円(団体20名以上240円)中学生以下無料

本企画展は、北陸新幹線開業と立山黒部ジオパーク認定を記念し、北陸の自然を代表する黒部峡谷の探険を取上げます。明治から大正・昭和の探検や登山を通じて黒部峡谷が日本の景勝地として広く知れていく歴史をたどる企画展です。

 

吉沢庄作明治5年(1872)―昭和31年(1956)                                  /冠松次郎明治16年(1883)―昭和45年(1970) 

 

吉沢庄作 明治5年(1872)―昭和31年(1956)

 吉沢庄作は明治25年8月の僧ヶ岳登山から始まり、以来、北アルプスの山々を盛んに登り、立山、後立山の登山、縦走の記録を多く発表しました。特に祖母谷温泉より白馬への登山コース(明治42年)や黒部峡谷を中心とする立山、剣岳への登山コースを開拓しました。 また、観光に注目し大正15年の「天下の神秘境黒部峡谷」や昭和4年の「黒部峡谷と宇奈月温泉」などで黒部峡谷の探勝と温泉のすばらしさを、博物学者の視点を生かし紹介しています。

吉沢2795-800.jpg              吉沢2799-800.jpg

        吉沢庄作                                 雄山山頂(大正2年)

吉沢庄作007-800.jpg

                        剱岳山頂(大正15年頃)

 

冠松次郎 明治16年(1883)―昭和45年(1970)

 冠松次郎は明治35年頃から山登りを始め、同42年に初めて日本アルプスへ入り、そして黒部峡谷を探り始めたのは大正7年の夏からです。以来、立山・後立山連峰を峰から峡谷へ、峡谷から峰へと縦横に歩きまわりました。冠は黒部へ入って驚いたことは、これは約60キロにわたる峡谷を中心とした山と谷の絶勝であった、と述べています。 また、大正14年に剱沢と棒小屋沢が黒部本流に流れ込む場所を十字峡と命名し、黒部峡谷のすばらしさと、その景観を文章で多くの人々に伝えました。

冠・山本・八尾800.jpg              冠019-800.jpg

    名剣温泉(昭和35年)                       冠松次郎(昭和35年)

冠昭和35年800.jpg

                 田部重治と冠(名剣温泉にて昭和35年)

 

 ☆歴史民俗資料館の展示のご案内はこちらです ⇒ 歴史民俗資料館 展示のご案内
☆うなづき友学館のページはこちらからです ⇒ http://www.city.kurobe.toyama.jp/contents/yuugakukan/

お問い合わせ

うなづき友学館
住所:〒938-0292 黒部市宇奈月町内山3353番地   TEL:0765-65-1010   FAX:0765-65-1055