春の企画展「新川の文化財」前期の展示品紹介 No.1

[更新日:2015年04月14日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成27年4月1日〜平成27年7月26日
休館日:月曜日(祝日の場合火曜日)、祝日の翌日
開催時間: 9:00〜18:00
開催場所: うなづき友学館
費 用: 大人300円(団体20名以上240円)中学生以下無料

黒部本「曽根崎心中」(1703年)

黒部本「曽根崎心中」(1703年)

 黒部本「曽根崎心中」は近松門左衛門(1653〜1724)作の世話浄瑠璃で最初の作品です。二十五丁(50ページ)本の完本で、この本の発見によって、はじめて『曽根崎心中』を初版(未改訂本)で読み通すことが可能になりました。この黒部本「曽根崎心中」は川端家文書の中にあり、黒部市指定古文書となっています。

 世話浄瑠璃は元禄16年(1703)大坂竹本座上演の「曽根崎心中」に始まり、近松門左衛門が浄瑠璃作者として転機となった作品です。浄瑠璃の歴史、日本の演劇の歴史においても画期をなす作品です。この作品以後、浄瑠璃の世界には世話物というジャンルが確立されます。

 近松はこの浄瑠璃を実際に起きた心中事件をもとに書きました。その事件とは元禄16年に起きた大坂北の新地天満屋の遊女お初と、内本町の醤油問屋平野屋の手代徳兵衛とがこの世で添い遂げることのできない悲しみに感極まって心中することによって、あの世で結ばれることを願ったというものでした。

黒部本「曽根崎心中」の特徴

 裏方であるはずの近松自身の署名が冒頭にあるのは当時として異例のことで、相当の思い入れが深い作品と推測されます。初版本が流通した当時の上方文化の影響が北前船を通じて北陸まで及んでいたことを物語る資料です。

100曽根崎心中0156-10.jpg

102黒部本「曽根崎心中」(1ページ).JPG

103黒部本「曽根崎心中」(2-3ページ).JPG

 

☆歴史民俗資料館の展示のご案内はこちらです ⇒ 歴史民俗資料館 展示のご案内
☆うなづき友学館のページはこちらからです ⇒ http://www.city.kurobe.toyama.jp/contents/yuugakukan/

お問い合わせ

うなづき友学館
住所:〒938-0292 黒部市宇奈月町内山3353番地   TEL:0765-54-2111   FAX:0765-65-0899