冬の企画展「〜黒部から世界の頂へ〜 堀田弥一」展

[更新日:2015年02月18日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

冬の企画展 「〜黒部から世界の頂へ〜 堀田 弥一 」展

【会  期】 平成27年1月17日(土)〜3月22日(日)
【共  催】 黒部市歴史民俗資料館
【協  力】 富山県〔立山博物館〕・堀田久弥
【観覧料】 一般300円
ちらし

黒部市歴史民俗資料館では、地域で活躍した人、忘れてはいけない先人たちを冬の企画展で取り上げています。
今回、郷土の先達の中から登山家 堀田弥一(明治42〜平成23年)を紹介します。
堀田は、明治42年1月30日に富山県下新川郡石田村に生まれ、石田尋常小学校を卒業し、魚津中学校へ入学しました。
大正13年に開通した黒部鉄道で宇奈月へスキーに行くなどスキーを楽しんでいました。
立教大学商学部経済学科1年に入学した当初は、夏山登山に親しんでいましたが、次第に冬山登山に挑戦し経験を重ねていきました。
学生時代の昭和4年から6年にかけて冬の北アルプスなどに精力的に通いました。

そして、昭和11年に堀田を隊長とする日本人として初のヒマラヤ遠征隊・立教大学は、インドのナンダ・コート(6867m)初登頂に成功しました。
この成功で登山家として堀田の名を広めました。昭和29年マナスル第二次登山隊隊長を務め、登山家として活躍しました。
昭和11年にインドのナンダ・コート初登頂に成功した当時は多くの新聞で取り上げられ、注目されました。
今回の企画展では、ナンダ・コート初登頂に関する写真や登山道具、原稿などの他に関係する書籍などを展示しています。

展示風景1  

展示風景2

★チラシ⇒ ちらし
★冬の企画展 「〜黒部から世界の頂へ〜 堀田 弥一 」展の展示紹介はこちら⇒展示品紹介No.1

●●●●● 講演会のお知らせ ●●●●●

第5回歴史講座

■演題 : 「1936年のナンダ・コート ― 立教大学ヒマラヤ踏査隊の写真記録を読む ―」
■講師 : 富山県〔立山博物館〕 学芸員 吉井 亮一 氏
■日時 : 平成27年2月28日(土) 13:30〜
■場所 : うなづき友学館 2F視聴覚ホール
      ※受講料無料・申込み不要
 

ちらし 

 

お問い合わせ

黒部市歴史民俗資料館
住所:〒938-0861 黒部市宇奈月町下立682番地   TEL:0765-65-1010   FAX:0765-65-1055