歴史民俗資料館第10回特別展「堀切遺跡とこけら経」展示品紹介 No.5

[更新日:2014年11月17日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成26年8月8日〜平成26年11月24日
開催時間: 9:00〜18:00
開催場所: 黒部市歴史民俗資料館(うなづき友学館)
費 用: 大人300円(団体20名以上240円) 中学生以下無料

歴史民俗資料館より第10回特別展「堀切遺跡とこけら経」展示品紹介 No.5

堀切遺跡調査を紹介します。

堀切遺跡は、黒部川扇状地の端、JR黒部駅の北西約700m、JR北陸本線と富山地方鉄道に挟まれた水田地帯に位置し、南北400m東西500mにわたって広がる遺跡です。遺跡の調査区は、北より南へA〜I区と命名しました。 平成17年のF調査区では中世〜近世の溝・土坑・柱穴が多数検出されました。特に遺跡の北西にあるSD2溝から破片も含め20,000点を超すこけら経が出土しました。富山県内では初めてのこけら経出土で、国内でもこれだけ大量のこけら経が発掘調査で出土することは珍しく、大変貴重なものです。

 

 図3堀切遺跡の位置.jpg

堀切遺跡の場所

 

F-1-7-25.jpg

SD2溝の調査

 

DSC_5187.jpg

SD2溝から破片も含め20,000点を超すこけら経が出土

 

1-25_001.jpg

出土したこけら経

 

本企画展は11月24日(月)までです。まだこけら経の現物をご覧になっていない方は、是非この機会にご覧ください。

お問い合わせ

黒部市歴史民俗資料館(うなづき友学館)
住所:黒部市宇奈月町下立682   TEL:0765-65-1010