歴史民俗資料館第10回特別展「堀切遺跡とこけら経」 展示品紹介No.1

[更新日:2014年08月27日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成26年8月8日〜平成26年11月24日
開催時間: 9:00〜18:00
開催場所: 黒部市歴史民俗資料館(うなづき友学館)
費 用: 大人300円(団体20名以上240円) 中学生以下無料

歴史民俗資料館より第10回特別展「堀切遺跡とこけら経」展示品紹介 No.1

8月8日(金)より新たに展示している資料を中心に、展示品の一部を紹介します。

堀切遺跡からは弥生土器が出土し、また、弥生時代中期の住居跡も確認されました。古代の明確な遺構は確認されていませんが、包含層からは「西国」「西」と墨書された平安時代と考えられる須恵器(すえき)の蓋(ふた)が出土しています。「西」という文字を使った墨書土器の出土例は、近隣では入善町じょうべのま遺跡で「西庄」と墨書された須恵器が出土しています。 

   図2-3G調査区の墨書土器.jpg  

 「西国」「西」と墨書された須恵器の蓋(9世紀中期頃)     

  展示紹介弥生中期の住居跡12.jpg   

   弥生時代中期の住居跡

        

展示紹介7169.jpg        DSC_7156-3.jpg

  弥生土器

 

特別展についてはこちら

 

 

お問い合わせ

黒部市歴史民俗資料館(うなづき友学館)
住所:黒部市宇奈月町下立682    TEL:0765-65-1010