歴史民俗資料館春の企画展「黒部川のジオサイト」のご案内

[更新日:2014年05月01日]
※ この情報の掲載有効期間は終了しています

開催日: 平成26年5月1日〜平成26年8月3日
開催時間: 9:00〜18:00
開催場所: うなづき友学館 歴史民俗資料館
費 用: 300円

平成26年度黒部市歴史民俗資料館 春の企画展「黒部川のジオサイト〜未来へつなぎたい大地の魅力、地域の歴史〜」


 立山黒部ジオパークの全体のテーマは「38億年×高低差4000m!体感しようダイナミックな時空の物語」である。本地域の特徴は、黒部川の豊富な水が大地を形成し、生態系、人々の生活に大きく関わってきているので、「黒部川のジオサイト未来へつなぎたい大地の魅力、地域の歴史」とした今回の展示は、黒部川地域の大地を理解するため、大地に刻まれた数々の温泉のジオサイトを紹介する。

ジオポスター0501.jpg

 

  • 展示内容
    立山黒部ジオパーク構想の紹介や十字石、下立の大理石の採掘場所と活用例、新しく発見された80万年前の花崗岩の場所、黒部峡谷温泉の場所を市民にわかりやすく提供する。(実物が少ないので、写真パネル展示が主)
    :(岩石の実物)十字石(数点)、下立の大理石(原石と加工品数点)、音沢の花崗岩(ジルコン)、餓鬼谷の噴泉塔、歴民収蔵品の近辺の花崗岩、愛本の石灰岩、化石(黒部川底)の紹介
    :(場所の写真)祖母谷の花崗岩露頭、音沢の花崗岩(ジルコン)の露頭、下立の大理石採掘場とそ   の利用、イシワ谷の十字石出土地など。
    :温泉がどのような所にあるのか。仙人、阿曽原温泉、祖母谷温泉、名剣温泉、黒薙温泉
    :地図(25000分の1にそれぞれのジオサイト場所を示す)
    :黒部川流域の温泉の今昔 
    :祖母谷温泉、鐘釣温泉、錦繍温泉(廃湯)、黒薙温泉、宇奈月温泉、愛本温泉(廃湯)
    :北陸のジオパークの紹介(佐渡、糸魚川、白山手取川、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク)
  • 共  催  :黒部市歴史民俗資料館 立山黒部ジオパーク推進協議会
  • 開催期間 :5月1日(木)〜8月3日(日) 9:00〜18:00
  • 入館料   :大人300円、中学生以下無料

 関連行事 ・第1回歴史講座5月17日(土) 会場 黒部市歴史民俗資料館

    「ジオパークってなあに」 講師 日本黒部学会会員 王生透

  • 第2回歴史講座5月29日(木) 
    現地研修会「丘陵地帯のジオサイトを歩こう」

    立石展望台(下立の大理石採掘場)や嘉例沢石仏を見学

 
<お問い合わせ先>  黒部市歴史民俗資料館(黒部市宇奈月町下立682)電話0765-65-1010

ジオポスター

歴史民俗資料館企画展「黒部川のジオサイト」展示品紹介 

お問い合わせ

生涯学習課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2764  
Email:syougaigakusyuu@city.kurobe.toyama.jp