平成28年7月から、上下水道料金が改定になります

[更新日:2016年02月04日]

 現在、黒部市の上下水道料金は、地区や利用目的で異なり、とても複雑な料金体系となっています。
7月からは、受益者負担の公平性からできる限り料金体系を整理し、簡潔でわかりやすい料金体系に改定します。
 また、人口減少に伴い上下水道料金収入の減少が見込まれることや将来にも安全・安心なライフラインとしての機能を維持するためには、一定の更新費用が必要となることから、適正な料金単価に見直します。
 なお、開栓手数料及び受益者負担金分担金には、変更ありません。 

  新上下水道料金簡易計算機能(あなたの上下水道料金を計算します)  

   (スマートフォンをご利用の方はこちら

改定前後の料金比較および県内他市との料金比較(例:3人世帯の場合)

 無題5.jpg
 ※改定後も、同じ使用水量では県内10市で1番安い上下水道料金になります。

水道料金

 ◆3種類の料金体系を2種類にまとめます。
 現在、水道料金は@旧黒部市地区A音沢・下立・浦山地区、愛本地区、内山地区B宇奈月温泉地区の3エリアで異なる料金体系を採っています。7月からは、受益者負担の公平性からできる限り料金を整理し、簡潔でわかりやすい料金体系に改定します。
 ◆水道料金を改定(値上げ)し、適正化をはかります。
 @A市の水道事業は、営業費用に比べて料金収入が不足しており、一般会計からの繰入金により事業を運営しています。このため、旧黒部市地区 (上水道・布施山簡易水道) については受益者による適正な負担と経営の健全化を目指して20%改定(値上げ)します。(3人世帯・口径13o・月24㎥使用の場合で月325円の改定)
 また、音沢・下立・浦山地区(音沢東山簡易水道) 、愛本地区(愛本簡易水道) 、内山地区 (内山簡易水道) (以下、3簡易水道) については、旧黒部市地区と同じ料金単価となるよう改定(値上げ)します。 (3人世帯・口径13o・月24㎥使用の場合で月596円の改定)
 B宇奈月温泉地区 (宇奈月簡易水道) については、旧黒部市地区との料金格差を解消するため、改定(値上げ)しますが、急激な料金の上昇を抑えるため、3簡易水道と同じ改定額程度となるよう料金単価を設定します 。(3人世帯・口径13o・24㎥使用の場合で月585円の改定)
    無題3.jpg

下水道使用料

 ◆現行の9種類の使用料体系から、4種類の使用料体系にまとめます。
   変更点@営業用 (事業所) の使用料体系を廃止し、一般家庭の使用料体系と統一し一般汚水とします。
    変更点A田家、飛騨、前沢地区の一般家庭の使用料体系を認定水量制から従量制へ変更します。
 ◆下水道使用料を現在の単価から15%改定(値上げ)し、適正化をはかります。(3人世帯・25㎥使用の場合で月486円の改定)無題2.jpg

  新上下水道料金簡易計算機能(あなたの上下水道料金を計算します)  

   (スマートフォンをご利用の方はこちら

上下水道料金改定に関する説明会を開催しました

 上下水道料金の改定について住民の皆さんに直接、ご説明させていただくため、住民説明会を開催しました。
7.jpg

 新上下水道料金簡易計算機能(あなたの上下水道料金を計算します)  

   (スマートフォンをご利用の方はこちら

 新上下水道料金表(平成28年7月から)

 現行上下水道料金表 

 水道開始・中止のお申込みについて

 

 

お問い合わせ

上下水道経営課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2666   FAX:0765-54-3009
Email:keiei@city.kurobe.toyama.jp