要介護認定高齢者も障害者控除の対象になります

[更新日:2018年01月05日]

平成29年分確定申告における要介護認定高齢者の方に対する「障がい者控除対象者認定書」の交付について

  精神や身体に障害のある65歳以上の要介護認定高齢者で、身体障害者手帳等を持たない方について、市が定める下記の認定基準(表)に該当すれば所得税・市県民税の障がい者控除を受けることができます。 
 市では、このような方に対し、申告の際に必要な「障がい者控除対象者認定書」を交付することといたしました。 
 該当になると思われる方は、申請を行ってください。
 認定書を税申告の際に提出しますと、本人や扶養義務者等が障がい者控除を受けることができます。 
 なお、この認定書は、所得税、市県民税の障害者控除のみに適用され、自動車税や軽自動車税等の障がい者減免の対象にはなりません。

 【認定基準日】

認定は、平成29年12月31日現在における身体状況等に基づき行います。(亡くなられた方は、死亡日。)

※過年分の所得について、遡って申告される方はその旨お申し出ください。

 【申請方法】  

「障がい者控除対象者認定申請書」に必要事項を記入の上、提出して下さい。
(申請書はページ下部より取得できます。黒部市役所福祉課・宇奈月市民サービスセンターにもあります。)

 【申請に必要なもの】

対象者または申請者(家族)の印鑑が必要です。  


障がい者控除の対象者=「認定基準」
  認 定 区 分 認  定  基  準
特別障がい者に準ずる者 (1) 重度障害者(1級、2級)に準ずる者 要介護4以上に認定されており、かつ、障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)がB2以上の者
   〃 (2)知的障害者等(重度)に準ずる者 要介護3以上に認定されており、かつ、認知症高齢者の日常生活自立度がVa以上の者
障がい者に準ずる者 (1)身体障害者(3級〜6級)に準ずる者 要介護2以上に認定されており、かつ、障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)がB1以上の者
   〃 (2) 知的障害者等(中度、軽度)に準ずる者 要介護2以上に認定されており、かつ、認知症高齢者の日常生活自立度がUa以上の者


資料

申請書

お問い合わせ

福祉課
住所:〒938-8555 黒部市三日市1301番地   TEL:0765-54-2502  
Email:fukushi@city.kurobe.toyama.jp